2013年03月10日

ベルルスコーニ前首相に禁錮1年、盗聴記録漏えいで



 盗聴記録漏えいで って、、。ふむふむ。

 難しくてよく分からないけど、紹介してみました。

 イタリアの司法制度では、75歳を超える被告人が2年未満の禁錮刑を言い渡された場合、実際に収監する必要はないとされている事には、重みがあると思いました。

 ベルルスコーニ氏の傘下にあった日刊紙ジョルナレは2005年、大手保険会社ウニポルによる国立労働銀行の買収計画に関する盗聴記録を掲載という事を注意深く考えさせられたと思いました。
posted by 給料計算ブログネクスト at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。