2011年12月19日

米軍がイラク撤退を完了、開戦から9年近く

 気をつけるに越した事はないと思いました。最後の部隊500人あまりを乗せた110台の車両は、現地時間18日午前7時38分、国境を越えてクウェートに入り、かつてイラクには最大17万人近い米軍兵士が505か所の基地に駐留していたが、撤退完了後は、米大使館に数百人規模の兵士が残っているだけとなった事の本質は何だろうかと思いました。イラクに駐留していた米軍の最後の部隊が18日、クウェートに入り、撤退が完了した事の事態をちゃんと捉えてゆく必要があると思いました。ちょっとどうかなと思いました。
posted by 給料計算ブログネクスト at 09:40| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私事の用事と体調不良のため、今までコメント書けずにおりましたが、イラクがやっとイラクの人々の手に戻って来たこと、嬉しく思っておりました。

 ただ、ごく最近聞いたニュースのため、また心配になっております。
 詳細なニュースではなかったのですが、イラク政界での対立が、大物政治家の逮捕に繋がり、イラクがまた混乱に陥ってしまいそうな状況にあるそうなのです。
 なので憂慮しております。

 思うのですが、大物政治家の逮捕は、冤罪では?(日本でも似たようなことがあるので。)

 なぜかというと、「ブッシュ前大統領によるイラク攻撃は、イラクの地下に眠る埋蔵量世界第3位の原油が理由だった」という説を、以前聞いたことがあるので。
 それが本当なら、イラクからアメリカ軍が撤退したことを、ブッシュ前大統領のような成果主義者、そしてその仲間達は、喜んでいないだろうと思います。(イラクの原油が市場に潤沢に供給されるようになれば、原油の先物取引で儲けることができなくなるでしょうから。)
 だとすれば、嘘の情報を本当のように見せ掛けて流して、イラクを混乱に陥らせようとする人物もいるかも?(そうなれば、アメリカ軍がイラクに戻る口実ができそうですから。)
 まあ、イラクの混乱を喜ぶのは、過激派も同様と思いますので、過激派が情報を流すということもあるかも?とも思いますが…。

 いずれにせよ、邪まな者達の策謀などに惑わされ、イラクが再び混乱に陥ってしまうようなことがないよう、心から祈っております。


追伸  ところで、話変わってすいませんが、フィリピンの台風災害についても書かせてください。
 被害地域は広く、被害は大きく、すでに千人以上の人々が亡くなられたと聞きました。とても痛ましいです。(今頃コメントを書いているのが、申し訳ない思いです。)

 亡くなった方々のご冥福を祈ります。
 怪我をなさった方々の早い回復を祈ります。
 行方不明になっている方々のご無事と、一刻も早い発見を祈ります。

 新しい情報ではないのですが、被災者の人達の数は数十万人、そして、多くの人々が各地の避難所にとどまっていて、食料や衣服などの支援物資が十分に行き届いていない状況だ、という話を聞きました。また、衛生状態の悪化で、感染症の広がりも懸念されているとも聞きました。
 現在もそういう状況が続いているなら、非常に悲惨で心配な状況と思います。

 アメリカ合衆国のオバマ大統領は、すでに哀悼の意と支援の申し出をなさっているそうですが、国際社会も、それぞれに大変な状況かも?とも思いますが、できるだけ、フィリピン政府の救援活動に協力してあげて欲しいと、心から願っております。

 日本政府も色々大変な状況とは思いますが、フィリピンは地理的にお隣とも言えそうな国でもあり、今年の東北の震災では、日本は世界中から助けていただいたということもあるので、できるだけ、フィリピン政府の救援活動に協力してあげて欲しいと、心から願っております。

 例えば、救援物資の提供とか医療支援など。それに、物資の輸送や道路の復旧などに人手やヘリなどが足りないようでしたら、人員の派遣など。
 フィリピン政府に協力してあげて欲しいと、心から願っております。
 あと、かなり時間が経ってしまったとはいえ、災害救助犬の派遣や、小型の重機の貸し出しについても、必要に応じて協力してあげて欲しいと、心から願っております。(トルコの地震の時など、ずいぶん時間が経ってから、生存者が発見されたというケースもあるので。)


追伸2 話を変えてすいませんが、エジプトのデモについても書かせてください。
 私は詳細を知らない外国人ではありますが、民主主義国家は、選挙なくしては、成立しないと思います。そして選挙は、平和でなければできない、とも思います。
 デモに参加している人達が、民主主義国家エジプトを望んでいるのなら、選挙ができなくなるかもしれない状況は、避けるべきと思います。

 無事選挙が終了すれば、現在の軍最高評議会による暫定統治は、国際社会の監督の下、嫌でも終了することになると思います。
 でも今、エジプト国内が乱れ、選挙が中止されるような事態になれば、軍による支配は更に長期化するかも?と思います。あるいは、エジプト国内の乱れに乗じて、新たなる独裁者が誕生するかも?(最悪な場合、エジプト国内の乱れを過激派などが利用して、アフガニスタンのような状況にしてしまう恐れもあると思います。)

 若い人達は、純粋であるが故に、邪まな勢力に利用され易い場合があります。
 民主主義国家エジプトというのは、
「エジプトの多くの庶民が望むエジプトを、実現させるための国家」
という意味だと私は思うので、デモに参加しようと思う若い人達は、
「自分達の望むエジプトは、どういう国なのか?」
ということをしっかり踏まえ、それを実現してくれそうな候補に投票した上で、デモを行いたい場合は、平和的にデモを行って欲しいと、願って止みません。

 それにしても、エジプト軍ですが、平和的にデモを行っている人達に対する暴力は、許されないと思います。そのようなことを、二度と繰り返さないで欲しいです。

 そのために必要であれば、国際社会がエジプト軍に働きかけて欲しいと、願って止みません。
Posted by 通りすがりです at 2011年12月21日 16:42
グリーにハマっている人集まれ!意外と知らないグリーの使い方!?グリーを使って素敵な出会いを探してみませんか?かわいい女の子との出会いを探すなら今はグリーがアツい!
Posted by グリー at 2011年12月22日 05:11
あなたはただじっと好みの人からの連絡を待つだけで大丈夫
Posted by 逆 ナ ン at 2012年02月12日 02:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。